カウンセリングの流れ

カウンセリングは、ただ話をしてそれでおしまいということはありません。
話を進めるうちに問題を解決するための階段~プロセス~をのぼります。

このカウンセリングのプロセスの段階についてはカウンセリングの専門家
がいろいろなパターンわけをしていますが、ここでは産業カウンセラー協会
のものを使って説明しましょう。


まず大切なものがカウンセラーとクライエントのリレーションづくりと
言われるものです。

これは信頼関係のことで、クライエントとカウンセラーをつなぐ命綱です。

いくらクライエントのためになることをカウンセラーが話しても、信頼関係が
なければすべてがそらぞらしく聞こえてしまいます。

この信頼関係は全プロセスにおいて、根底になっている最低条件といえ
るでしょう。そしてその第一印象を決定する最初の接触のときほど、
丁寧にリレーションづくりをしなくてはいけません。

もしもあなたがたいへんな悩みをかかえてカウンセラーの元を訪れ、
言葉に発することもおぞましい内容を言おうと意を決してきたとします。

そんなときにカウンセラーがなにか書き物をしながら、あなたの目も見ずに

「じゃあ、お話ししてください」

といわれても、

「真剣に聞いてくれる気がないんだ」

とカウンセラーに対して嫌な気持ちがしますよね。

ここで心のガードができては、あとのステップも意味がありません。
最初の信頼関係作りは不可欠なプロセスです。

信頼関係が築けてはじめてあなたは何に悩んでいるかを言い出せるはずです。

そうすることでようやく「問題の把握」にたどりつけます。

カウンセラーは、次にどうなりたいかの「目標の設定」を行い、それにむけての
方法を模索しながらいずれは「目標の達成」を目指します。

これは順番通りにいく場合もありますし、後戻りや修正も行われますので、
あくまでカウンセリングの基本的な形でしかありません。しかし、最初の
信頼関係作りに関しては、カウンセリングの根幹にかかわりますので、
丁寧に細心の注意をはらって築くカウンセリングの重要なポイントで
あることは間違いありません。


前へメニュー >次へ

このページの先頭へ